メニューを開く

佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス

HOME > 一日一直

テーマ:挑戦

2019.07.05
時間

時間は人間を発達させる場である。

マルクスのこの言葉に出会った時、

目がその言葉に釘付けになりました。

自らを発達させる時間を奪われている人間は、役畜にも劣る。

そう続くこの言葉は、

時間と人間の相関する関係を見事に表現していると、今でも思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.06.15
AIの時代に大切なこと

AIの時代は人間の才覚を発揮しなければならい時代です。

「才覚」・・・機転を利かせること、創意工夫をすることです。

人に代わってAIができる仕事が増えることは間違いありませんが、

そもそもAIと人間を比べること自体が間違いだと思います。

人間でなければできないことを発揮するだけです。

3つの力が大事になると言われています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.06.13
忙しいときこそ

「忙しい」という漢字は

心を亡くすと書くことはよく皆さんも

知っていることと思います。

「忙しいとき」にやってしまうことに・・・

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.06.12
光が当てられる人

光が当てられる人は・・・・

常に自分から離れていて、

誰かのために一所懸命である。

そう心から思います。

自分から離れることも誰かのために一所懸命になることも

とても難しいことです。

人間は自分が一番大切なものです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.06.10
どんな自分で在りたいか

成功する人間には、多くの場合、

理想の自分像があります。

「自分がどうしたいか」ではなく、

「どんな自分として見られたいか」―“在り方”が大切です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.06.09
応援される自分になる

成功される人間は、

応援されるような行動を日頃からしています。

気持ちよく返事をする。呼ばれたら急いでかけつける。

いつも笑顔を忘れない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.06.08
愚痴らない

若い時は、仕事で上手くいかないことがあると、

愚痴りたくなるものです。

誰でも同じようにそんな気持ちになることがあります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.06.07
時間のストレスvol.3

時間のストレスを軽減する方法の一つは、前倒しです。

1週間単位で間に合わなければ、半月前。

半月前で間に合わなければ1か月前。

職種や職場で進め方は様々だと思いますが、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.06.06
時間のストレスvol.2

変える事が出来るのは、自分と未来。

よく耳にする言葉であると思いますが、

時間に関しても、

まずは自分のスケジュールをしっかりコントロール出来るようになることが大切です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.06.05
時間のストレスvol.1

仕事におけるストレス要因を挙げると、

必ずと言って良いほど上位に上がってくるのは、

時間によるものです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.04.26
勇気をもってチャレンジする

私の尊敬する経営者・本田宗一郎さんの言葉に

「苦しい時もある。夜眠れぬこともあるだろう。

どうしても壁がつき破れなくて、

俺はダメな人間だと劣等感にさいなまれるかもしれない。

私自身、その繰り返しだった」

がある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.04.25
ゆとり世代

間もなく新しい時代・令和を私たちは生きます。

平成が創った最高傑作である「ゆとり世代」の若者たちは

ますます社会で活躍し、親になっていく時代です。

その若者たちは私は繰り返しお伝えしていることがあります。

それは、君たちは素晴らしい才覚をもっているということ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について