メニューを開く

佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス

HOME > 一日一直

アーカイブ:2019年02月

2019.02.28
未来思考の習慣vol.4

未来思考は、

特にミーティングや

会議をする際には重要ですが、

常に「目的」を前提で話をすることが大切です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.02.27
未来思考の習慣vol.3

より良い未来を考える為には、

振り返ることが大切です。

これは反省とは違います。

反省は未来に結び付かずただ悩んでいる状態。

振り返るとは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.02.26
未来思考の習慣vol.2

皆さんも常に目標を立てて

仕事をしていると思いますが、

大切なのは、

その目標は何の目標に向かうための目標か、

ということです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.02.25
未来思考の習慣vol.1

仕事をしていく上で、

自らの思考を常に未来的な方向へと向けることは、大切です。

何故ならば、過去や今に終始してしまうと、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.02.24
支え合う、寄り添う、励まし合う

支え合う、寄り添う、励まし合う。

優しさに溢れた言葉です。

 

無視する、攻撃する、論破する。

痛々しさを感じる言葉です。

 

ヒトはみな人間になるべく生まれ、

心が育まれるなかで、人間へとなります。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.02.23
責任感

あなたは一日に何回鏡に姿を映しますか?

その時、何を確認しますか?

髪はみだれていないか。

ネクタイはまがっていないか。

化粧は華美ではないか。

靴は汚れていないか。

・・・まだまだたくさん確認するところはあるでしょう。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.02.22
情けは人の為にならず

「情けは人の為にならず」

という諺があります。

 

この諺は、

人の為にならず=人のためにならない。

と捉え、人に情けをかけることは、

その人のためにならない、

という意味で用いられることが

しばしばあるようですが、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.02.21
ブランド

ブランドには、

企業ブランドと商品ブランドがあります。

どちらもより良い記憶の積み重ねによって創られます。

そして、当たり前のことですが、どちらも「人」が創るのです。

歴史、技術、品質・・・・ブランドを司る様々なことがありますが、

どんなに素晴らしい商品であっても、

よい企業と言われてもそれを証明するのは、

そこで働く一人ひとりです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.02.20
会話

会話というのは言葉のキャッチボールです。

特に仕事の場面では些事に気を配らなければ会話は成立しません。

どんな時も、相手の表情をみながら、

相手の気持ちを考えながら言葉を発すること。

表情が見えない電話は難しいですね。

だから声のトーンに耳を澄ませなければなりません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.02.19
古典

古典を読む。

若者たちに勧めていることです。

特に万葉集は、先人たち、

日本人の魂を感じることができます。

感性を磨くのは、難しいことではありません。

ただ、行動をしなければ何も変わることはありません。

まずは「言葉」から変えていきましょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.02.18
言葉は心の声

諺に「言葉は心の声である」があります。

あなたの心に思っていることが

言葉になるという意味です。

一度発した言葉は、

元に戻すことはできません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2019.02.17
同時に考える

物事を同時並行的に考える力は、とても大切です。

複数のテーマを考えていると、

一つに収斂する瞬間に感激することがあります。

人間の頭は限りない深さと、無限の広がりを持っていて、

その深さと広がりをどう使っていくのかが、大切ですね。

一つに集中し考える事はまず身につけるべき能力ですが、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について