メニューを開く

佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス

HOME > 教育機関・学生の方へ

教育機関・学生の方へ

教育者のみなさまへ

学校法人森学園 認定こども園いのやま幼稚園

森 洋一郎 様

今年の人財化セミナーは去年とは少し違った気持ちで聞かせて頂きました。

一年目の頃は「何をしたら良いのだろう」「何が分からないかも分からない」そんな気持ちでしたが、今回は後輩も入ってきて、今度は一年間で学んだことを後輩に伝えていかなくてはと思っていました。セミナーの中で「目の前の人に一生懸命喜んでもらう」と芳直先生はおっしゃっていました。子どもやその保護者と関わっていく中で、まずは子どもが喜んでくれる活動を考え行っていき、子どもの成長を保護者と共に共有していくことが大事なのかと感じました。そして沢山の先輩保育者を見て「あんな保育者になりたい」と高い理想を持ち、その理想が叶うように、今後関わっていく先生や子どもや保護者のために頑張っていきたいです。

芳直先生は「虹」についてお話をして下さいました。日本人にとって7色に見えるのが当たり前ですが、見る「人」や「環境」によって異なっていくという事が分かりました。

その話を聞いて一番感じた事は、芳直先生が「虹」に興味を持ったということです。虹について話している先生はとても楽しそうでした。

世の中、「何でだろう?」と思っておしまいになっていると思います。しかし芳直先生はそこに興味を持ち、調べて追求しました。そこがとても重要なのかと思いました。

今後は「何で」と思った事はそのままにせず追求していきたいと思います。

そして新年度から後輩の指導もしていく中で、決め事の壁、マニュアルの壁、伝統の壁、この3つを意識して伝えていきます。一年目の先生たちが、先輩たちを頼りにして質問をしてくる中で、一人ひとり、答えが違うことがよくあります。答えが違うことは良い事でも悪い事でもあると思うので、統一しなくてはいけない事はまず、自分がきちんと学んで統一していき、後輩の先生に伝えていく必要があると思います。

そして芳直先生は「聞くことは失敗ではない」とおっしゃっていました。そのことを実行していくためには後輩の先生が分からないことを何でも聞きにこれる、そんな環境・雰囲気もつくっていかなくてはいけないと感じました。