メニューを開く

佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス

HOME > よりよい仕事を志す皆様へ

よりよい仕事を志す皆様へ

企業幹部のみなさまへ

公務員

小相澤 隆幸 様

私は今54才。24才(長男・社会人2年目)、22才(長女・大学4年生)、20才(次男・大学3年生)の父親です。

私たちの年代は、戦争を経験した祖父母、両親に育てていただきましたので、戦争の話しと戦後から経済成長までの苦労してきた話しをよく聞かされました。それと「人に迷惑をかけるんじゃないぞ!」事あるごとに言われていたような気がします。

その時は正直なところ、ただ聞いているだけでした。

祖父母も父も亡くなり、自分も子どもを持ち、親の責任と子育ての大変さ、自分が親になって初めて、親の大変さ、育てていただいた感謝の気持ちがしみじみと湧いてきました。

時代が変化し、自分が生まれ育った故郷の田んぼや畑、野山がどんどん荒れ、変わってしまう光景に危機感を感じています。

先人の皆さんの苦労と知恵、皆が協力したから今があるのに、今は便利になりすぎて、自分の子どもを含めて、便利が当たり前になってしまい、ありがたみが分からない。どのくらい感謝の気持ちを持っているのか?

45才を過ぎた頃から、自分たちの地域は自分たちで守り、未来に引き継ぐ義務があるのではないかと強く思うようになりましたが、どう皆に伝えていいのか分からない。

自分の子供達にも、思っていることを伝えたいけど、うまく伝えられない・・・。

5年ほど前、ウエジョビの入学式の特別講演会で佐藤先生の話しを聞くことが出来ました。それまで佐藤先生のことを知りませんでした。「必要・必然・ベスト」のタイミングでした。

事例をあげて、分かりやすい内容、自然に涙があふれ、止まりませんでした。

生前、父が私に伝えたかったことがやっと分かったような気がしました。

もっと多くの人に先生のお話を聴いて欲しい。子供たちにも聴いて欲しい。何か感じて欲しい。気が付いて欲しい。万感の想いで、長男の就職直前の人財化セミナーに長男と共に参加しました。それ以来長女、次男もセミナーを受講しています。

一生懸命メモを取る姿を目にした時、有意義な時間を共有している実感がこみ上げ嬉しく感じました。子供たちなりに、何か感じてくれているようです。

親子でゆっくり振り返りをしたい気持ちもありますが、今はあえて聴かないようにしています。

親子で受講、とても有意義な時間です。いつか知覧、松蔭セミナーにも一緒に参加し、亡くなったじいちゃんが伝えかった事について、皆で話せる日が来ることを楽しみにしています。