メニューを開く

佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス

HOME > 一日一直

テーマ:誇り

2017.01.15
当たり前に仕事があるありがたさ

昨日お伝えした通り、多くの仕事は次第になくなっていきます。

それはつまり、

「仕事は当たり前にある」という前提が崩れていくということでもあります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.10.14
ブランド=暖簾

ブランドとは、日本語にすれば「暖簾」です。

『暖簾に刻み込まれた陰影』の中に顧客は、

その企業の「人となり」を観るのです。

『暖簾』とは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.09.25
人間はすべてクラフトマンである

人間は育みに対して唯一理想を持つ生き物である。

子どもや部下、そして自分自身においても、

育てるために理想を持つという点において、

私は“クラフトマン”という言葉を使います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.09.13
コンサルティングのベースに置いているもの

コンサルティングをさせていただく時に、

いつも心の中心に置いていることがあります。

それは「どうすれば、この会社、あるいは園で働く人が、

より誇りを持って働くことができるようになるか」ということです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.04.30
プロは結果に対して言い訳をしない

「一生懸命やったのですが…」

「もっと時間があれば…」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.02.26
「内なる神」に憤をもつ!

内なる神とは、自分自身(self)のことをいいます。

 

自分を抑制する、自分を監視する、自分を強制する、自分自身をつくる・・・。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.02.24
「憤」をもつ

「憤」とは、失敗をしたり、何か恥をかいたり、

悔しい思いをした時に、起きる感情のことをいいます。

 

「憤」は、誇りのある人間だけがもちます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について