メニューを開く

佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス

HOME > 一日一直

テーマ:歴史

2018.11.20
至誠にして動かざるものは、未だこれあらざるなり

「至誠にして動かざるものは、未だこれあらざるなり」

孟子の言葉であり、松陰先生が、弟子たちに言って聞かせた言葉です。

 どんなことも、

真心を尽くせば 、人の心に届くという意味です。

 

では、真心とは、なんでしょう?

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.10.24
長州の学びと薩摩の育み

このテーマを考えていると、

悠久の過去からの声が聞こえてきます。

どんな学びも、稽古、学習の為にあらず。

すべては実践実行にある。

これはいずれの教育にも共通する目的です。

やるべき事を実行できない、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.10.20
旅に出る

旅に出る。その土地の人とのふれあいの中で

経験したことは、

その土地の思い出そのものになります。

 

台湾の旅。

ほんとに親切な台湾の方々にたくさん出会うことができました。

空港でも、タクシーでも、ホテルでも、街でも、道を尋ねても、

レストランで食事をしても・・・。

 

「日本は美しい」と言ってくれる人がたくさんいました。

とても嬉しかったです。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.10.19
リップンチェンシン

台湾に人々の会話に

「あなたにはリップンチェンシンがあるね」

といわれたら、最高の褒め言葉だそうです!

 

それは、勤勉、誠実、そして親切で責任感があること、

自分の仕事に誇りを持っているということだそうです。

そして、さらに、自分のことだけでなく、

周りのことを考えられる、今のことだけじゃなく、

未来を生きる世代のことまで考えられる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.10.18
2011年3月11日

2011年3月11日東日本大震災が起きた際、

日本には世界中から多くの義援金が集まりました。

最も多くの義援金を集めてくれた国を皆さんしっていますか?

アメリカでも、イギリスでも、フランスでも、ありません。

それは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.10.17
時代

まもなく平成が終わります。

私たちは新しい元号の時代にいきます。

革命的な変化の時代に生きる私たちは、

歴史に学ぶ ということを

今、大切にしなければ、

どんなバトンを未来を担う人に渡していいかも

わからなくなってしまうと思うのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.10.16
If(もし~だったら) darkness(闇の部分) fake(闇の部分)

いつの時代も どんな国も歴史は

If(もし~だったら)

darkness(闇の部分)

fake(闇の部分)        

の3つに誘導される・・知るべきことは何か?

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.10.15
歴史を学ぶ と 歴史に学ぶ

歴史を学ぶ と 歴史に学ぶは

全く意味が異なります。

 

先の大戦(大東亜戦争と私は呼びます)の後、学校では

歴史 の授業がありますが、

それは 「歴史を学ぶ」という授業でした。 

いや、今も続いています。

 

皆さんもわかると思いますが・・

いつ、どこで、何があったか ということを授業で、

そして試験のために覚えてきたと思います。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.08.05
私の一番大好きな吉田松陰先生の言葉

「冊子を披繙すれば 嘉言林の如く躍々として人に迫る

顧うに人読まず 即し読むとも行わず まことに読みて之れを行わば則ち

千万世といえども得て尽くすべからず」

私の一番大好きな吉田松陰先生の言葉です。

「書物を開いてみると、立派な言葉が林のように連なっていて、

人の心をはげしく打つ。しかし人びとは書物を読まないようだ。

たとえ読んでもみずから実行しない。

まことに書物を読んでみずから実行するのであれば、

千万年あったとしても、これを実行しつくすことはできない。」

このような意味になります。

そして、この文には続きがあります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.08.03
「歴史を学ぶ」と「歴史に学ぶ」の違い

私の読書は四季でテーマを決めています。

夏は「歴史」です。

歴史小説を特に選ぶようにしています。

皆さんは「歴史を学ぶ」と「歴史に学ぶ」どちらをしていますか?

学校の「歴史」という授業は「歴史を学ぶ」です。

これももちろん大切なことです。

この夏は、「歴史に学ぶ」を心において、

ぜひ歴史小説を読んでみてください!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.08.02
学とは人たる所以を学ぶことなり

私の尊敬する偉人・吉田松陰先生の言葉です。

私はこの言葉をコンサルティング現場だけではなく、

講演会、セミナー、会議

どんな場面でも伝えてきています。

 

「人たる所以を学ぶ」ことがすべての入り口だという意味です。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.06.30
西郷隆盛

NHK大河ドラマ、今年は西郷どん。 

私も楽しみに見ているひとりです。

 

西郷隆盛の言葉はいくつも後世に残っていますが、

私がその中で最も好きな言葉は西郷の晩年、

弟子である篠原に伝えたこの言葉です

「貴君規則になりたまえ」

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について