メニューを開く

佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス

HOME > 一日一直

2018.05.08
理想と今のギャップ

あらゆる事象を必然だと考えれば、
今の自分の有り様は
間違いなく未来からの要請であると、思えます。


その思いの中にこそ、
今を生きる、生き抜く覚悟が芽生えるのでしょう。


今を生き抜くために、
それに値する未来を描くわけですが、
常にその未来像は進化していきます。


いや、
目指すべき未来像を
今に妥協して劣化させてはだめです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.05.07
求めなければ、学びはない

求めなければ、学びはない。

 

様々な仮説が頭の中にはあるものです。

 

その仮説の在庫は、誰でも相当数あるはずですが、

気づきや出会いがなければ、やがて記憶の闇の中に

埋没していきます。

 

ところが、ふとした瞬間、何かの閃きが

記憶の闇を照らし出して、ある仮説が

光速以上のスピードで確信に変わる、

そんな時があるものです。

 

その仮説は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.05.06
自尊心

自尊心は何か継続することによって生まれると

繰り返しお伝えしています。

 

続ける何かをもつということは、

自分との約束から始まります。

 

私は、

続けられないことを選ばないということを決めています。

 

だから、何かをやると決めたときから

続かないかもしれないという迷いはありません。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.05.05
読書

昨日は読書についてお伝えしました。

今日は、具体的な本の名前を記します。

 

若者たちの1番読んでもらいたいのは、な

んと言っても古典です。

 

夏目漱石、太宰治、島崎藤村、芥川龍之介……

たくさんありますね

 

古典は言葉を磨く入り口です。

美しい言葉を知ることができます。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.05.04
人間を成長させる3つのこと

人間を成長させる3つのこと

読書

人との出会い

 

いつもお伝えしていることです。

 

この連休、旅 にでている人も多いでしょうね。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.05.03
give&take

givetake

あなたはどちらが多い毎日を歩んでいますか?

いや、常にgive&takeが、

自分の考え方だという人も多いでしょう。

 

与えられることがtake

与えることがgive

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.05.02
丁寧に生きる

「丁寧に生きる」ということを最近社員に伝えています。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.05.01
あなたは何か続けていることありますか

あなたは何か続けていることがありますか?

続けることは「ツキ」や「運」を

生み出すものことにつながると確信しています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.04.30
依怙贔屓される人間の3つの特徴

依怙贔屓される人間の3つの特徴は・・

まさに「素直・プラス発想・勉強好き」

であることだと改めて確信しています。

この3つの特徴を分析すると

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.04.29
宿命

宿命とは、先天的に授かっているすべてのもののことをいいます。

社員同士で時には、ぶつかることもあるかと思いますが、

それも宿命です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.04.28
言葉の力 vol.5

言葉には、重みがあるという話しをしましたが、

どのように重みをもたせるのかを

本日はお伝えします。

言葉の重みや思考は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2018.04.27
言葉の力 vol.4

経営者の皆さんや幹部の皆さんは、

多くの社員の前で話す機会が多いと思います。

そのときに気をつけることを本日はお伝えします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について