メニューを開く

佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス

HOME > 一日一直

2017.12.04
良心は曲がるものである

「良心は曲がるものである」

この言葉は、イタリア・エミリア地方にある

バルサミコメーカーの七代目に教えられた言葉です。

では、どのようなときに良心が曲がるのか・・・

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.03
考え抜くことの大切さvol.2

考えても考えてもわからない。

苦しいだけだ。

ひょっとしたら今の若い世代の方はそう思うことが

多いかもしれません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.02
考え抜くことの大切さvol.1

人間は思考的な飛躍を、意識してしない限り、

必ず退化するものです。

できることに終止し、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.01
自律から自立へ

人間はいつか自立します。

集団の中で多くを学び、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.11.30
規律性を高めるvol.4

とてもシンプルでそんなことかと思うかもしれませんが、

やはりいつも姿勢が正しい人は、

自らを律する心が強いと言えるでしょう。

姿勢や態度は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.11.29
規律性を高めるvol.3

規律性を高める取組みの一つは、

スケジュールを明確に記入するという方法です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.11.28
規律性を高めるvol.2

欲や誘惑に負けず、

常に自らを律することが出来る人を人財と呼びます。

「慎独」という言葉は何度かこの場で出てきたかと思いますが、

これが非常に難しいものです。

おそらく、休日の朝、

何か予定が入っていれば起きることが出来るが、

何もないとついつい仕事の疲れで昼頃まで

寝てしまう方もいらっしゃるでしょう。

しっかり休息を取ることは大切ですが、

大切なことは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.11.27
規律性を高めるvol.1

よくお伝えするように、

日本は世界で最も規律性が高い国の一つです。

狩猟ではなく農耕文化が暮らしのベースですから、

集団で決められたことを、

決められたように取り組む風土が育まれてきたのでしょう。

しかし、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.11.26
時を守る

時を守り、場を清め、礼を正す。

 

これは森信三先生が掲げる、

職場再建の三則です。

 

ここでも第一に時を守る事が挙げられています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.11.25
拙速主義

森信三先生は仕事処理の基本指針を三つあげています。

 

拙速主義、即今着手、一気呵成。

 

自身に照らし合わせても、強く頷ける指針です。

 

提出時間、約束時間は何を置いても守る。

 

もう少し完成度を高めたい、

そう考えても、とにかく時間を守る事が信頼の第一。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.11.24
受け継いだ思い

未来に私たちは何を手渡せるのか。

 

その問いかけを、少年時代から続けてきたように思います。

 

歴史の川を遡り、

歴史の谷間を歩き歴史の空を駆け巡る。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.11.23
ヴィレッジの本質

ヴィレッジという概念を発信し出して

もう20年が経って、

企業戦略の重要な軸と考えられる時代になったようです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について