メニューを開く

佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス

HOME > 一日一直

アーカイブ:2017年12月

2017.12.31
AI時代に必要とされる人財の力 vol.7

Hospitalityは、

“相手の心に寄り添う”という精神性が

行動として発揮されることが大切です。

これは、仕事だからということではありません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.30
AI時代に必要とされる人財の力 vol.6

Hospitalityの源泉は、

「誰かの喜びを実感したい」という思いです。

仕事とは誰かに喜ばれることである。

そして喜ばれる自分を発見し、

人は成長する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.29
AI時代に必要とされる人財の力 vol.5

Management能力を高める最大のポイントは、

どれだけ「広く先を視るか」の一点です。

しかも、誰に言われるでもなく、

自発的にそのような視点に立つことが、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.28
AI時代に必要とされる人財の力 vol.4

今はノマドワーカーという言葉もあるように、

フリーランスで働くスタイルが一般的に

確立している社会です。

しかし、ここからの時代、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.27
AI時代に必要とされる人財の力 vol.3

Creativityはセンスだと言われることがありますが、

ほとんどの場合、経験によって培われます。

どうすれば喜んでもらえるだろう、

どうすれば驚くだろう、

どうすればより良い形になるだろう、

すなわち

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.26
AI時代に必要とされる人財の力 vol.2

AIが持てないCreativeとは、

“情熱をもって創造力を発揮する人”です。

大切なことは、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.25
AI時代に必要とされる人財の力 vol.1

早くもAIスピーカーが日本国内に導入されましたが、

一説に寄ればそのAIの発達により、

2045年に仕事を手にすることが出来る人は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.24
自尊心と劣等感

自尊心と劣等感。昔からよく耳にする二つの言葉です。

 

言うまでもなく、相対する言葉ですので、

セットで使われることが多いのです。

 

自尊心は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.23
感性を磨くために

感性を磨くために一番勧めることは 

「旅」です。

特に自然を感じることができる場所がいいですね。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.22
何が人間を人間とたらしめたのか

「ホモサピエンス全史」という本があります。

先日お伝えした「君たちはどう生きるのか?」と同じく、

この本も今大変な人気です。

今年3月の人財化セミナーに参加された方は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.21
慎むということ

今を、未来に繋げる為に必要なのは、

慎む、という事だと思っています。

 

慎むとは、当たり前を当たり前以上の情熱で完璧にやり抜き、

自らの人間性を高めるべく日を真剣に生きる事です。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2017.12.20
時間を信頼に

信頼を積み重ねる。

 

気軽に口にする言葉ですが、

その厳しさを深く知るには痛い経験の中です。 

嘘、言行不一致、口だけ人間。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について