メニューを開く

佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス佐藤芳直 人財化セミナー Presented by S・Yワークス

HOME > 一日一直

アーカイブ:2016年11月

2016.11.30
信頼される人とは~vol.2

信頼される2つ目の条件は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.11.29
信頼される人とは~vol.1

信頼される人の1つ目の条件は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.11.28
親として

人間は尊敬する対象を真似するものです。

子どもが一番最初に尊敬する人は“親”です。

最も身近な存在でもあり、最も理想な存在なのです。

だからこそ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.11.27
気品

「気品」とはなんでしょう・・・?

 

空気感、世界観、時間によってつくられていく何か・・・・

それが「品格」だと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.11.26
江戸時代の数々の優秀な藩校の教育

江戸時代の数々の優秀な藩校の教育の中に必ずと言っていいほど入っている教えがあります。

それは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.11.25
心の持ち方

何か壁にぶち当たり、もしあなたが苦しいなあ・・と感じる時、

こんな心の持ち方をしてみましょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.11.24
人間にとって一番の損失

人間にとって一番の損失は・・

考えて、考えて・・・何もしないことです。

どんなに良い本と出会っても、

どんなにすばらしい人に出会っても、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.11.23
人間としての価値観

人間としての価値はなんだと思いますか?

人間としての価値は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.11.22
親思う心にまさる親心 けふのおとずれ何ときくらん

親思う心にまさる親心 けふのおとずれ何ときくらん

 

松陰先生の辞世の句です。

子が、親を思う以上に親の情は深いという意味です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.11.21
「学とは人たる所以を学ぶべし」

「学とは人たる所以を学ぶべし」

繰り返しお伝えしている吉田松陰先生の言葉です。

私が、一番大切だと信じている大好きな言葉でもあります。

何故学ぶのか・・・

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.11.20
綿密に、緻密に、厳密に

よく出て来る当たり前の言葉ですが、

細部へのこだわりと追求をしなくなったら、

いかなる仕事も高いレベルには行けません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
2016.11.19
自分の期待に応える自分

良い仕事をしていくためには、自信をつけるということは大切なことです。

では、自信はどこから生まれてくるのでしょうか。

成功体験を積む、困難な経験を重ねる、

いずれもその源泉です。

合わせて、自分に期待をし、

それに応えることを繰り返すことが自信に繋がります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について